うつ病治療において大切なポイント|症状や原因について知る

メンズ

治療の流れ

悩む男性

うつ病は精神科や心療内科等、専門の医療機関を受診して適切な治療を受けることによって治すことのできる病気です。ここでは、うつ病治療の流れを知っていきましょう。まず、精神科や心療内科では最初に患者のカウンセリングから始めます。カウンセリング時には、患者の家族の方が同伴することによって、より正確な診断を下すことが可能です。専門医はカウンセリングを通して患者一人ひとりの症状の重さを判断し、その状態に適した治療法を提案してくれます。最近では、症状を徐々に緩和していくといった治療法が主流となっているようです。症状を徐々に緩和していく治療法では、抗うつ剤の服用とカウンセリングを平行して行ない、長期的にうつ病の改善を行なっていきます。


長期的に行なわれるうつ病治療において、何より大切になるのは十分な休養をとることです。休養といっても、身体だけでなく心までしっかりと休めなくてはなりません。しかし、前述した通りうつ病の治療には長期間掛かります。つまり、十分な休息をとらなければならない期間もそれだけ長くなるのです。そうなってくると、仕事も長期間休まなければなりません。しかし、この病気を患っている人の多くは、自身の休養のために仕事を休むことに対して罪悪感を抱えてしまうと言われています。これは、うつ病の症状が罪悪感を助長していることによって引き起こされる問題ですが、罪悪感に苛まれる本人は大きな精神的負担を被ることになるのです。しかし、それでは長期の休養をとったとしても、心が休まりません。場合によっては、症状が悪化してしまうでしょう。そういった事態を引き起こさないためにも、家族の方が職場に連絡し、休み易い状況を整えてあげる必要があります。その時には、医師に作成してもらった診断書を用意しておくことで、スムーズに職場の方との話を進めていくことができるでしょう。

安心して休むことのできる環境が整った後で、治療を進めていくことが可能です。その時に使用される使用される抗うつ剤は、飲み続けることによって脳内神経伝達物質のバランスを正常化する効果を持っています。しかし、その効果を得るためには長期間の治療の間、副作用に耐える必要があるのです。うつ病を患う数多くの人の中には、抗うつ剤の服用をやめてしまいたいと考える人もいるでしょう。しかし、途中でやめてしまえば効果がでないまま、副作用だけが残ることになります。諦めず、服用を続けましょう。もし、副作用が辛いというのであれば、独断で服用をやめるのではなく、担当医に相談することが大切です。抗うつ剤の服用はカウンセリングと平行して行なわれるため、そういった相談はカウンセリング時に気軽に行なうことができます。カウンセリングでは、医師と患者との信頼関係を築くことから始められます。そうすることで、医師は患者の抱える不安を読み解き易くなるのです。不安を読み解くことができれば、それを取り除く方法を考えることができるでしょう。こういった治療を行なうことによって、最終的にうつ病を完治させることができるのです。