うつ病治療において大切なポイント|症状や原因について知る

メンズ

気をつける点と検査方法

メンズ

うつ病は、治療を始めずに放置することによって悪化していく精神疾患です。もし、少しでもうつ病の疑いがあるのであれば、精神科や心療内科を受診しましょう。それらの医療機関を受診することで、自身がうつ病かどうか診断してもらうことができます。うつ病だと診断されたのであれば、すぐに治療を始めることをお勧めします。軽症のうちに治療することによって、より短い期間で症状を改善させることができるのです。症状が重度になれば、それだけ治療に掛かる期間も長くなってしまいます。治療を受ける時、より早く症状を改善したいと考えているのであれば、アルコールの摂取を控えることをお勧めします。うつ病を患っている時にアルコールを摂取すると、脳内神経伝達物質である「セロトン」が減少してしまうのです。セロトンの減少は症状の悪化を加速させ、軽症の状態から瞬く間に重症化させてしまう危険性があります。そのため、治療を受ける際にはアルコールの摂取を控える必要があるのです。また、アミノ酸の摂取が足りていない場合もセロトニンが減少するため、注意が必要です。アミノ酸は肉類や卵、魚類から摂取することができますので、アミノ酸が足りていないのであれば日々の食生活を見直すことをお勧めします。飲酒を控えたり、食生活を見直したりすることによってセロトニンの分泌バランスを正常化することができれば、うつ病を効果的に治療していくことができるでしょう。

精神科や心療内科で受けられるうつ病検査の方法は、一昔前まではカウンセリング等が主な判断材料となっていましたが、それだけでは確実性のある診断は行なえません。最近では、「光トポグラフィー検査」の登場によって、より正確にうつ病かどうかを診断できるようになったのです。光トポグラフィー検査というのは、近赤外線と呼ばれる光を照射する専用の器具を頭部に装着し、脳の前頭葉における血流を可視化するといった検査方法です。精神疾患を患っている人は血流の様子が健常者とは異なり、その病状によってパターンがあります。そのパターンを見極めることによって、うつ病や双極性うつ病、統合失調症といった様々な精神疾患を特定して診断することができるのです。確実性のある診断を行なうことができれば、より適切な治療法を選択することができます。ただ、光トポグラフィー検査は確実性があるといっても、100%の確実性ではありません。この検査を受ける際には、そのポイントについてよく理解しておくことが大切になります。100%ではないといっても、高確率で適切な診断を下すことができますので、光トポグラフィーの登場はうつ病治療において期待の大きな存在となっているのです。この検査を受けられる医療施設は多くありませんが、興味があるのであればインターネットを活用して光トポグラフィー検査を導入している医療施設がどこにあるのか調べてみることをお勧めします。