うつ病治療において大切なポイント|症状や原因について知る

うつ病を治療し健康を取り戻す

家族のサポート

ドクター

日本に住む数多くの人々の中には、うつ病の症状に悩まされている人が数多くいます。うつ病は心の病であり、専門の医療機関を受診することで治療することのできる病気です。しかし、この病気を患っている人の多くは中々治療に至らないことが多いと言われています。それは、この病気の症状に悩まされていたとしても本人がうつ病であると自覚していないために治療に至らないのです。なぜ、症状に悩まされている本人がうつ病であることに気づけないのかというと、それはこの病気に対する知識不足が関係してきます。この病気は昔からある病気ですが、その名称が広く認知されたのは最近のことです。うつ病において広く認知されているのは名称だけであり、具体的な症状・治療法までは詳しく知られていないのが現状です。そうなってくると、この病気に対して間違った認識を持った人もでてきます。例えば、うつ病は個人の甘えや性格の問題であると考えている人です。学校や会社、生きていく上で集団生活から逃れることは難しく、どういった集団の中にもそういった考えを持った人がいます。そのため、うつ病の症状に悩まされていたとしても、周囲の目が気になって中々専門の医療機関に足を運ぶことができない人が多いのです。もし、周囲がこの病気に対して正しい理解を示していれば、症状に悩まされている人は問題なく専門の医療機関を受診することができるはずです。つまり、うつ病の治療について考える時には、周囲の理解度が最も重要な要素となるのです。

もし、自身がうつ病かもしれないと考えている人がいるのであれば、まずは家族に相談しましょう。家族は最も身近な存在であり、理解者です。家族に助けを求めることで、より早く治療への道を切り拓くことができるでしょう。しかし、この病気における重度の症状が現れていると、家族への相談もままならなくなります。人との関わりを避け、塞ぎ込んだ状態になってしまうのです。または、いつも通り接している様子でも、自身が抱えている状況を隠してしまうこともあります。どちらにおいても、最も身近な存在である家族の方は、その変化に気づくことができるでしょう。もし、気づいてあげられたのであれば、すぐに専門の医療機関に連れていくことをお勧めします。その時には一人で行かせるのではなく、医師による診察時までしっかりと付き添いましょう。重度の症状だと、自身の状態について医師に説明することが困難です。そのため、家族の方がその状態や思い当たる原因について説明しなければなりません。そういった理由から、診察時には家族の付き添いが大切になるのです。もし、うつ病だと診断されたのであれば、そのまま適切な治療をスタートしましょう。その時に大切になるのは、心を休ませる空間を作ってあげることです。もちろん、カウンセリングや投薬による治療も進めていきますが、心が休まる空間が無ければ治療の効果を最大限に得ることはできないのです。治療を受ける本人は自身の仕事のことや将来のことなど様々な不安を抱え、それが負担となった状態となりますので、そういった不安を取り除くのも家族の役目となります。

治療の流れ

悩む男性

うつ病における治療では、専門医によるカウンセリングから症状の度合いが診断され、抗うつ剤の服用とカウンセリングによる治療が進められていきます。より早く治すためには、患者の不安を全て取り払うことが大切です。

詳細

心に現れる症状

カウンセリング

うつ病を患った際にみられる症状の内、心に現れる症状には「感情障害」「意欲・思考の低下」等が挙げられます。それらの症状に思い当たる点がある人がいるのであれば、うつ病の治療を行なっている医療機関を受診することをお勧めします。

詳細

気をつける点と検査方法

メンズ

うつ病を患った際には、飲酒とアミノ酸不足に気を付けなければなりません。アルコールを摂取してしまったり、アミノ酸が不足してしまったりすると、それによってうつ病の症状が治療効果が得られない可能性があるのです。

詳細